インプラント治療方法

インプラントの治療には外科手術の回数によって、1回法と2回法に分かれます。
1回法は、あごの骨に穴をあけてインプラントの頭の部分が歯肉から出るように埋め込み、時間をおいて歯肉の状態が整った後、アバットメント(支台装置)を取り付けて人工歯を取り付けます。
2回法は、インプラントを埋め込み歯肉で覆った後、時間をおいてそこをまた切開しインプラントの頭の部分を露出させて歯肉の状態が落ち着くまで時間を置きます。そして、アバットメントが取り付けされ、人工歯を取り付けます。

 
外科手術の回数によって分かれていて、2度手術をするのは確かに負担がありますが、インプラントの治療にはあごの骨がどのような状態であるかがとても重要で、十分な骨の量がない場合にはGBR法という骨誘導再生法が必要になってきます。
このGBR法は骨の再生を促す治療方法で、インプラントを埋め込んで時間を置くことで骨が再生されインプラントがしっかりと固定されるようにするという方法です。
十分な骨の量がない時にはこの方法が必要になりますが、これを1回法で行う時には2回法よりも感染のリスクが高いと言われています。人工メンブレンという専用の膜で覆い固定する事もあります。