インプラント治療期間

インプラントは通常の治療よりかなりの時間が必要になります。
インプラントの治療を始めるに前には、まずレントゲンやCTなどで検査をして、あごの骨やかみ合わせなどの状態を検査し、埋め込むインプラントの形状、手術方法などを決めてから行います。
インプラントの治療は2回法で進められる事が多く、まず一度目の手術では土台となるインプラントを埋め込み歯茎を閉じて縫合し、インプラントと骨が結合するまでそのままの状態で待ちます。
この待っている期間は人によって違いはありますが、3か月から半年ぐらいかかります。

 
インプラントが骨と結合したのを確認して次の手術に取り掛かり、埋め込んだインプラントの頭部にアバットメントを取り付け歯茎の状態が整うのを待ちますが、1週間から長いと6週間かかる場合もあります。
この後、仮歯を装着し調整をはかり、歯の色や形、歯並びなどをみて人工の歯を作り治療が終了します。
この様にインプラント治療期間は、人によってその時の口腔内の状態も様々ですから多少の差はありますが、初めの相談や検査の期間を含めると、1年という時間が必要になってきます。
そして、自由診療で行うため治療期間が長くなればその分の費用はどのようになっているのか、医療機関によってどのぐらいの違いがあるのか、出来れば自分で調べ、相談をし治療に入る事が大切です。