説明

インプラントとは、心臓のペースメーカーなどの体内に埋め込むための器具の呼び名ですが、日本では人工歯根であるデンタルインプラントを指して、インプラントと呼びます。
通常、歯を何らかの理由で失った場合には、「ブリッジ」もしくは「入れ歯」となります。

ブリッジは、抜けた歯に隣接する歯を削って土台を作り、3つの歯を人工で作りつなげて橋下駄のように渡す事からブリッジと呼ばれ、この治療は保険が適用されますが、土台を作るために健康な歯を削る必要があります。
入れ歯は、土台となる歯がなくブリッジができない場合に入れ歯となり、保険が適用される範囲で作られる場合は使用される素材に制限があり、かみ合わせなど、使用しながら調整が必要となります。

インプラントは、直接あごの骨に穴をあけ人工で作った歯根を埋め込み、それを土台として歯を接続します。
この歯根を人工的に作る、という治療はこれまでになかった方法で、歯根を埋め込む事で、歯を失った後でも入れ歯の様な不安定さがなく自分の持っていた歯のように違和感なく使用することができ、ブリッジのように健康な歯を削って土台とする事も無く、入れ歯のような咀嚼のしにくさや歯茎への負担などの心配はない治療方法です。

しかし、インプラントは他の治療方法のように保険の適用が全くない、自由診療となるため費用が高額となります。そして、歯根を埋め込むために歯肉を切開しあごの骨に穴をあける、という外科手術が必要となる治療になります。